Articles

日本を知るー世界を知る

In Uncategorized on 12月 29, 2010 by nows22

私が英国スコットランドに住んでいた時期の話ですが、現地の大学院で研究を始めた博士でAさんという方がおり、家族ぐるみの付き合いをしておりました。Aさんは渡英以前にはNOVA外語学院に通っており、外国人の教師らと積極的に交流を持ち会話を楽しんできたそうです。しかし英国留学してからは、現地の英国人とあまり上手く交流ができなかったようです。

日本人だけではなく、どこの国または民族であっても自国や自分の民族に誇りをもち、その活動や文化を外国に発信できる人はそれが出来ない人達に比べて何処にいっても信頼され尊敬される確立が高いように思えます。しかしこれだけで十分でしょうか?私はこれは国際人として第一の必須条件でありながら、さらに必要条件は「世界を知っている」ことであると考えます。

日本に来ている外国人には二通りあると思います。ひとつは日本円建ての金銭を稼ぎ自己や家族の生計に活かす人々。多くは発展途上国から来ている人々です。そして企業の要請や仕事の都合で来ている人々もこれに含みましょう。もうひとつは外国から日本人の活動や文化に興味を持ってきている人々で、先進国からが多いです。観光客もこの範疇ですが、これを目的に日本に住み着く人達もおります。後者の人々は特に日本を知りたいので一生懸命日本のことを日本人に聞きますし、日本語の勉強を始める人もおります。彼らと交流のある日本人は日本のことだけを発信していれば彼らとの意思疎通が図れ友達にもなれます。

しかし、日本人が海外に行き働いたり学んだり生活をしたりした場合はどうでしょう。多くの現地人は多くの外国の中で特別に日本に興味を持っている人はごく稀です。その現地の情報と世界全体の情報または世界の誰もが興味を持つ事象しか興味が無いと思います。上に述べたAさんのパターンです。我々日本人はもし本格的に国際人として意思疎通を図っていこうと希望するならば、普段から世界を知るように習慣化し、そのことについて自分の意見を持つことが重要であると考えます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。