Articles

中国の共産主義回帰?

In Uncategorized on 4月 26, 2011 by nows22

2011年4月16日付けのThe Economistの社説とこれに関連する記事には、ここ2~3年の現在の中国の政治情勢についての情報がありました。まずざっとまとめてみました:
 
中国の現在の政治動向については:
1.中国の鄧小平以降の経済開放政策に引き続き、同国が現在経済大国となる中で諸外国からも一応共産主義を唱えながらも「名ばかりの共産主義」であると見なされてきた節があるが、昨今の中国情勢は毛沢東時代の共産主義の時代に回帰しているように見受けられる。
2.中国政府の人民に対する弾圧は自信が揺らいでいるからでは無く、人民の動きに神経を尖らせているからである。
3.「太子党」と呼ばれる往年の中国の革命指導者や高官の子孫である一団は、中国の構造上・事実上の最高意思決定機関である中国共産党中央政治局常務委員会での議席が、2002年には3議席であったものが2007年には25席中7議席を占めるまでになっている。
 
同誌が指摘するこれらの中国政府の政治動向に一番大きく影響を与えたのが、かたや中東に連鎖的に起こっている所謂「ジャスミン革命」による人民の意識変革、反体制活動と思われます。中国人で現代芸術家の艾未未(アイ・ウェイウェイ)氏の拘束がその具体的な結果となってしまいました。また下記の写真には中国人企業家で大変な成功を成し遂げた現在29歳のWu Ying氏が写っておりますが、他の多くの企業家が通常に行っている方法で資金調達をしたところ当局に捕えられ死刑判決を受けてしまったため、多くの中国人企業家も戦々恐々となっております。
 
2013年には、習近平が国家主席になる予定です。この次期最高指導者候補については、開放政策を踏襲するとも言われておりますが、その実際の政治志向は不明のようです。実際、習近平自身が「太子党」であることから共産主義色が強くなる可能性も否めません。一方では、中国は日本のGDPを抜いて第二の経済大国に成りましたが、実際に他の先進国と連携して世界の指導的立場を受け持つことができるのかも不透明です。また中国にはさらに世界に甚大な悪影響を及ぼしかねない状況があり、世界に与える不安材料は増すばかりです。今週、世界的格付会社のFitchが中国債の格付けを下げることになったニュースが入ってきました。原因は大規模な不動産バブルを生んでいる 銀行の巨大な貸出残高であります。これによるバブル崩壊の危機。加えて未だ是正されない都市と地方間の所得格差などの問題。軍事予算の不透明や近隣諸国に対する領土や領海など拡大意図。技術力や人材管理体制が追いつかないままでの原発の積極的な拡大。且つ情報に隠匿性が高いこともあり問題やリスクの大きさの予測も難しいのです。
 
これらのすでに露呈した問題やリスクは一見、個別に見えますが、根本的原因というものがあると思います。それは、国家の意思の決定機関がただひとつで、公的にその構成員を選んだりまたそれを評価する機関も人もいない、その決定機関が情報も自由に管理・監視する権限を持っており、いざとなれば軍隊でねじ伏せる力を具備していることに尽きます。つまり共産党一党独裁であります。しかし、毛沢東時代とは違うのが、公的な力はなくとも活動を続ける国内外のブロガーや運動家、海外の政府やメディアからの影響があげられます。それが実際に人々を動かしたのが、中東の一連の無血(チュニジアなど)や流血(リビアとシリア)の革命です。それが、宗教的または軍部による独裁国家のイランやミャンマーを通って、すでに少数民族や改革支持者などの小火が頻繁である中華人民共和国まで本格的に届くとどのような情勢になるでしょうか。 
 
昨今の日本のニュースのほとんどは、東北大震災関連です。それは自国の超大惨事でありますから当然であります。しかし震災から一ヶ月半が過ぎました。世界の大きな動きをしっかりとらえながら海外へ援助するならする、外国政府の意図や行動に意義や同意を唱えるなら唱える、海外の一般の人々にも協調や支援の声を届けるなら届けるということを当然政府やメディアレベルが行っていかねばならない一方、一般の日本人もブログやソーシャルメディアなどを通して世界に関わっていくことがいっそう重要になってくるはずです。

死刑判決を受けたWu Ying受刑者

当局に連行される中国人民
当局により連行

写真は、2011年4月16日付けのThe Economist の記事より転写

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。