Articles

人の上に立つ人 ー リーダーシップ

In Uncategorized on 5月 3, 2013 by nows22

私が米国人のグループとある資産評価のプロジェクトをしていた時、上司達の部下に対する指導を見る機会がありました。部下は立っている上司のまえで椅子に座って伸ばした足を組んでボールペンを指で回しながらふんふんと聞いていました。まー、ここまでは文化の違いで良いでしょう。しかし、上司らは部下の育成に集中し、働く環境のためなら部下に必要なスターバックスのコーヒーまで買いに行く。そうまでしななければ転職市場の大きい米国では優秀な人材が確保できないのでしょう。部下の成長がそのまま上司の評価に繋がるというわけです。

一方、転職市場の小さい日本では上司が威張っている。リーダーシップが弱くとも会社から与えられた権力を振りかざすだけでなんとか部下は動く。部下は機会の小さい転職市場を恐れて上司に従うだけだ。だから実績はそこそこ。自発的な努力に繋がりにくいのです。

そもそも「人の上に立つ人」になることが良いことだと言われてきたことがおかしいのではないでしょうか。真のリーダーシップとは、人を伸ばすこと、人に教育を与え、背中を押してあげることではないでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。