Articles

組織の人間関係と甘えの構造

In Uncategorized on 8月 10, 2013 by nows22

communication_type

組織におりますと、いろいろな人がおりまして、そのコミニュケーションの取り方にはその組織独自、またはその国その地方に独特な人間関係というものがあります。今回は、その中でも日本の特に古い価値観のある地方や組織にありがちな一対一の人間関係にについて論じていきます。

上司や先輩が甘やかす、またはやさしくすると、始めのうちはいい人だと信頼されて人間関係は上手くいくのですが、一部の人間はそのうちに相手を「舐めて」また場合によっては「つけあがって」きます。指示を聞かなくなったり減らず口をたたくか、おとなしくしていても陰でさぼったりすることもあります。こういう時に上司や先輩には、おそらく二つの選択があるでしょう。ひとつは、そのままの態度で場合によっては、諭して部下や後輩の行動や態度を変えようとする場合でしょう。おそらく相手は変わらないでしょう。もうひとつは、恐怖を使い厳しく接することもありえるでしょう。相手に圧力をかけるのです。そうすると、その人間は従うようになるでしょうが、一方的な指示や命令にのみ従うだけでしょう。双方のコミュニケーションが崩壊して「創意工夫」をもった仕事をしなくなるでしょう。いずれにしても前者にも相手側の「創意工夫」はないのであり、この種の人間は困った存在です。

さて、他の国ではどうでしょうか。私の経験では、このように「甘えの構造」のある国はほとんど無いと思います。英国の大学・大学院の職員や学生、現在の起業家仲間はもちろん、レストランで多国籍で働いていた給仕仲間にしても一人の人間を選んでなめたりつけあがったりするのは、考えられないというか、そういうのは、子供だけの行動であると思います。

わが国ではこのような「甘えの構造」に基づく「なめる」「つけあがる」というものがありますが、それは人間の主体性が著しく欠けているからだと思います。他人によりかかり、全体的な考えや行動を良しとして他人任せで子供のようになっているからこそ、平和であり犯罪も極めて少なく、組織全体におとなしく従う人間が多いので生産力が上がっていくのは分かります。しかし、これから21世紀を生きる先進国の一か国としてこのような精神構造でいてよいものでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。